重く突き刺さる映画「こどもたちをよろしく」。考えるのは大人

 胸に突き刺さる重く救いようのない結果。現実は悲劇という言葉が今も心に残る作品だった…。  むさしの市民平和月間のイベントのひとつ、映画「子どもたちをよろしく」の上映会と「武蔵野の若者は今」に参加しての想いだ。 続きを読 

続きを読む →